15リットルのミドリイシ水槽

リン酸塩除去には鉄釘を入れる

飼育基礎知識

さて前回は水槽にお酒を入れましたが、今回は鉄釘を入れます。

そうです。

大工さんがトンカチでひっぱたくアレです。

やっぱりこれも前回の『お酒情報』をくれたお客さんからの知識です。

【硝酸塩除去で水槽にお酒を入れる】

化学のことは分かりませんが、鉄Feがサビるときにリン酸塩PO4から酸素Oを除去するとかそんな理論だった気がします。

(難しくて、頭痛くなる・・・。)

そんな感じで釘を入れていくんですが、必ず鉄100%のものを入れなければいけません!!

鉄以外のものが入っているとリン酸塩が除去できないだけでなく、生体にとっても大変危険とのことでした!

ふつうにホームセンターで売っている釘なら鉄製とか書いてあるのでそれを選んで買っています。

この原理も某紅い海系列の商品と同じことらしいですね。

水量に対してどれくらい入れるのか?というところですが、これもまずは少量から試すのがいいと思います。

我が家の水槽(30×20×25cm=約15リットル)だと38ミリサイズの釘を1本から試しました。

1週間くらい経つとサビが付いてくるので、生体に問題が出ていないようであればサビは水槽外で取り除いて再度水槽(ろ過槽)へ戻します。

リン酸塩を測定して数値が減少傾向にあるのであれば、様子を見るか新たに適量追加してもいいと思います。

もちろん全く効果が出ておらず、生体の状態も悪化しているのであればすぐに取り出して換水を行う必要があります!

(使用は自己責任でお願いいたします・・・。)

そのときは潔く紅い海の商品を買いましょう!

ただこれまで仕事も自宅も含めて僕が管理してきた水槽では問題なく効果を得ることができました。

一つ欠点を上げるとすれば、半透明のホースやマメスキマーのような透明なガラスなどにはサビの色が移る場合があります。

実際に我が家のマメスキマーは、水に触れる部分がうっすら茶色くなっています。

「それが困る!」という方は潔く紅い海の商品を買いましょう!!笑

動画公開中

実際に使用している釘のサビ具合などを動画でご紹介しています!

【海水魚】水槽に釘を入れる |30cm規格 小型水槽でミドリイシ飼育#25
タイトルとURLをコピーしました