15リットルのミドリイシ水槽

30cm水槽を20キューブ型にリフォーム(後編)

海水魚&サンゴ

前回、「小型水槽でミドリイシを飼う!」というのがコンセプトで30cmの規格サイズ水槽を背面ろ過ふうにリフォームしてきました。

今回はその後編となります。

【30cm水槽を20キューブ型にリフォーム(前編)】

ではまず今回使うポンプがこちら。

エーハイムのコンパクトオン300です。

流量170~300リットル/時
最大揚程0.6m

使用する予定のクーラー「ゼンスイ TEGARU」の適合循環流量が約1.5~8.5リットル/分なので、(ポンプの最低流量170リットル/時)÷(60分)=(2.8リットル/分)となり、最大流量で稼働させればホースの抵抗などを考えても十分足りそうです。

そいつにホースを付ける

そのホースの先は、テトラの外部フィルター用交換パーツへ取り付ける

テトラ VAX-30用 交換パーツ

ホースの口径が8mmと16mmに対応しているのでポンプとクーラーの口径が合わない時に別途で変換パーツを飼わなくていいので便利です。

シャワーパイプとして付いて来たパーツもノコギリでカット

ホースで連結

実際に設置するとこのようになりました。

右側の空いたスペースにはプロテインスキマーを設置する予定で、生物ろ過が起きることを防ぐために、ウールボックスは設けていません。

いよいよこいつをクーラーなどに接続していきます!

ざっくり置き場所を決めるとこんな感じ

砂とライブロックも入れて海水を注いだ状態

照明はひとまずありもの済ませてしまいましたが、今後しっかりとミドリイシが飼育できるレベルのものに変えていくつもりです。

動画公開中

動画では、設置までの細かい流れやライブロックのレイアウト、ここでは書けなかった配線の整理などを行っています。

【海水魚】ライブロックだけでもキレイに見えるレイアウト|30cm規格 小型水槽でミドリイシ飼育#5
【海水魚】水槽周りの配線まとめ|30cm規格 小型水槽でミドリイシ飼育#6

※商品画像引用元及び購入 【アクアリウム専門店チャーム】

タイトルとURLをコピーしました