15リットルのミドリイシ水槽

初生体!サンゴと貝を迎え入れ

海水魚&サンゴ

前回までやってきた30cm水槽のリフォームですが、ある程度水も回ってきたのでアクアリウムショップへ行ってきました!

購入したのがこちら!

・スターポリプ
・マメスナギンチャク
・マガキガイ

スターポリプとマメスナギンチャクは以前紹介したサンゴの仲間で、骨格を持たないソフトコーラルにあたります。

【骨のないサンゴ『ソフトコーラルの生態』】

買ってきた生体は水槽にしばらく浮かべて水温を合わせた後に、エアチューブを使って点滴の要領で少しずつ飼育水に慣らしていきます。

この作業を「温度合わせ」「水合わせ」と言います。

スターポリプとマメスナギンチャクの2種類のサンゴには『見栄え』という役割しかありませんが、マガキガイにはしっかりとした役割があります!

それは砂の掃除をすること!

象の鼻のように長く伸びた口を使って、砂についた汚れを食べてくれます。

後日撮影

せっかくの白い砂がくすんでしまわないように、必ず追加したいお掃除生物です。

サンゴをレイアウト

先ほどサンゴは『見栄え』と言いましたが、見栄え担当としてお役目を果たしてもらうために、ライブロックとのバランスを取って良いポジションへ配置していきます。

必要であればライブロックの際レイアウトも

光合成に必要な光量を確保できるところへ置く

このソフトコーラルは比較的成長が早いので、たくさん増殖してほしいですね!

照明はまだ仮のものなので、しばらくしたら付け替えます。

バクテリア材を購入

もう一つ買ってきたものがあります。

それがこちら!

「バクテリア材」

くっそ怪しいじゃあないか・・・。

怪しいのですが実は昔から使っている物なので、今回の小型水槽でも使用していきます!

いつかどの市販バクテリア材が効果的なのか実験なんかをしてみたいですね。

とにかく、今回入れた生体が元気に成長してくれるように活躍を祈っていますよ、バクテリアたち!!

動画公開中

【海水魚】初のサンゴお迎え|30cm規格 小型水槽でミドリイシ飼育#7
タイトルとURLをコピーしました