15リットルのミドリイシ水槽

ミドリイシ導入前の水質チェック

海水魚&サンゴ

さて今回はミドリイシ導入前に水質が飼育に適しているのか検査していこうと思います!

まずはこの検査のために水質検査キットを買いました。

この中には、アンモニア・亜硝酸・硝酸塩・ペーハー・炭酸塩硬度が計測できる試薬が入っています。

箱がこちら

セット内容がこちら

ミドリイシを飼育するにはリン酸塩にも気を使わなければいけないので、リン酸塩用の試薬も別途購入。

箱がこちら
セット内容がこちら

使い方は至って簡単で、付属の測定用紙に書かれている通りに試験ビンに水槽から水を入れ、A~BもしくはA~Cまである試薬を順番に決まった量入れるだけです。

使い方は簡単なのですが作業が楽なわけではないので正直めんどくせえです!

ミドリイシが好む水質とは?

ミドリイシ飼育には「清涼な水」が必要だと言われますが、「清涼」を数値にするとこんな感じです。

  • アンモニア(NH3/NH4)【0ppm】
  • 亜硝酸(NO2)【0ppm】
  • 硝酸塩(NO3)【0ppm】
  • ペーハー(pH)【8.0~8.3】
  • リン酸塩(PO4)【0ppm】
  • 炭酸塩硬度(KH)【8.0~9.5dKH】

ミドリイシの成長に関係するKHは、飼育される方によって高いとか低いとかあると思いますが、個人的には10.0dKHを超えると行き過ぎな気もしています。

消費されなかったKHは藻類の増殖を促してしまうようで、入れるサンゴの量によっても調整が必要です。

水質検査をやってみる!

で、ざっと測ってみた数値がこちらです。

アンモニア(NH3/NH4)【0~0.2ppm】

亜硝酸(NO2)【0ppm】
硝酸塩(NO3)【0ppm】

ペーハー(pH)【7.8~8.0】

リン酸塩(PO4)【0~0.1ppm】
炭酸塩硬度(KH)【7.5dKH】

アンモニアが若干あれですが・・・、

まあなんとか水質的には合格といったところだと思います!!

この状態をキープしつつ次回はミドリイシに適したLED照明をDIYしていきます!

動画公開中

実際に文字だけでは分かりづらい、この水質検査のめんどくささ醍醐味が詰まった動画です。

よろしければご覧ください!

【海水魚】レッドシー試薬セットで水質検査|30cm規格 小型水槽でミドリイシ飼育#11
タイトルとURLをコピーしました