15リットルのミドリイシ水槽

塩で作るライブロック

人工ライブロック

さて前回は人工ライブロックのアク抜きを行いました。

今のところそれは順調に進んでいますが、ライブロック作りのブレンドはどうか?というとまだ完成形とは言えない気がする・・・。

なので、今回もブレンド内容を変えてみます!

人工ライブロックのブレンド⑤

【自作バックウォールで水槽掃除を楽にしよう!ブレンド①】

【人工ライブロックの材料と配合を探求しよう!ブレンド②】

【枝状の集合体!セミブランチの人工ライブロック作り!ブレンド③】

【サンゴ配置に便利なテーブル型ライブロックを作る!ブレンド④】

今まで必ず牡蠣殻を入れてきましたが

よくよく考えたら

「こいつは何のために入れるんだ?」

という結論に至りました。

なんだろう?多孔質化?

特に軽くて内部に気泡が多く含まれているようでもないし、あんまり効果的ではない気がする。

今回はセメントと塩(ダイヤソルト)だけで行きます!

①セメントと塩しかないから真っ白
②かなりシャバシャバ
③小さめサイズで4つ作る
④ケンタッキーの持ち方
⑤水分多すぎたけど良さそう!
⑤かなりしっかりしている

こんな感じに出来ました!

制作段階で水を入れすぎてしまったのは良くなかったですが、その割にはよく形成できたんじゃないかと思います。

表面のダイヤソルトは溶けて空洞化しているので、しっかり水に漬けておけばおそらく内部もそうなるはず。

あと薄々気付いてはいたのですが、

最初のころは「塩を入れて水分を減らそう」みたいに使っていましたが全くの逆で、

「塩が水を吸って外に出てくる」というのが正しい反応でした・・・。

細かい粗塩は水分が流れ出てしまうので、水分を減らしたい時に使うものじゃなかった。

今後は「もうちょい水足そうかな?」という時に上手く使おうと思います。

動画公開中

動画内では水の管理に失敗してしまったシャバシャバなセメントをご覧いただけます・・・。

【海水魚】塩でライブロックを作ってみた |人工ライブロック&バックウォール DIY #6 |Self made live rock & back wall

タイトルとURLをコピーしました